ブライダルフェア

ブライダルフェアは勧誘がしつこい?上手な断り方や対応を解説

たくさんブライダルフェアに行ってみたいけれど、勧誘を断る自信がない…そういうことで悩んでいませんか?

営業トークは苦手だけど、はっきりと断るのは気が引けてしまうという方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで今回は、ブライダルフェアの勧誘はどのぐらいあるの?っていうことだったり、またそもそもしつこい勧誘をされないようにする方法をご紹介します。

ブライダルフェアの予約ならハナユメ♪

ブライダルフェア参加・相談デスクにご来店など条件クリアで絶対もらえる!

電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンなど、さまざまなイベントを実施中!

直接予約よりも、ハナユメを通したほうが、おトク&うれしい!特典が貰えちゃいます。

試食付きブライダルフェアの予約ならハナユメから検索&予約してみてください♡

ハナユメはこちらから

ブライダルフェアの勧誘・営業が不安…

ブライダルフェアに参加する前にこのように悩んでいませんか?

  • 勧誘が面倒くさい
  • 勧誘されるのが不安
  • まだ結婚の予定はないから、あまり勧誘されても困っちゃう
  • 営業トークを断ることができない

実際にブライダルフェアに参加すると、勧誘がまったくないわけではないようです。

結婚式場も、1組でも結婚式を挙げてくれる数を増やして会社の売上を上げるためにやっているわけですからね。

ですが、結論から言うと、勧誘はそれほど強い勧誘ではありませんし、対応策がいくつもあるので、不安に思う必要はありません。

そこで、ブライダルフェアの勧誘についての詳細をご紹介したいと思います。

相談カウンターで勧誘を断ってもらう

ハナユメでは、ハナユメウエディングデスクという相談カウンターを無料で利用することができます。

こちらのデスクでは、新郎新婦の理想に合わせた結婚式場の提案はもちろん、ブライダルフェアの予約もしてくれます。

断りたいときも、結婚式場に直接ではなく、コンシェルジュさん経由で伝えてもらうことができます。

このような相談カウンターを利用すれば、第三者が間に入ってくれるので、直接断るのは気が引けてしまうという方でも安心です。

ですが、相談カウンターを利用すると、キャンペーン特典の金額も上乗せされますし、事前に勧誘が苦手なことも伝えてくれるのでおすすめです。

勧誘があるのは一部の結婚式場だけ

ブライダルフェア二関してですが、全ての結婚式場で勧誘がしつこいわけではありません。

それはなぜかというと、成約しそうに無い人を強引に勧誘しても時間の無駄ですし、トラブルやクレームの元になるからです。

が、正直なところ、一部の結婚式場では勧誘がしつこいところもあります。

あっさりとしたブライダルフェアも結構ある様子です。

アンケートの回答などは求められますが、しつこい勧誘はしてこないので、そこまで心配する必要はありません。

当日割引や空き状況の勧誘はあるかも

ブライダルフェアでは、主に、これらの勧誘があります。

  • 当日成約の割引の営業・勧誘
  • 空き状況の営業・勧誘

結婚式場が当日成約をさせるため最も多い手段としては結婚式費用の割引です。

当日成約限定の割引と言われれば、成約したくなってしまうのが人間の性ではないでしょうか。

また、当日成約限定割引の次に多いのが、空きが少ないから今成約しなければ結婚式場が埋まってしまうという営業・勧誘です。

心理的には割引やたまたま空いているという誘惑に釣られてしまいそうになるかもしれませんが、こういった営業があることを覚えておくと、惑わされないと思います。

ブライダルフェアでしつこい営業を受けない方法

ブライダルフェアでは、勧誘はそれほど多くありません。

ちょっとした工夫で、勧誘はすんなり回避できます。

営業トークを断るのが苦手なら、そもそも営業トークされないようにすればいいですよね。

そこで、しつこい勧誘を受けないための方法についてご紹介したいと思います。

アンケート回答で勧誘を断る

ブライダルフェアを予約するときに、ハナユメなどの特典キャンペーンを利用する方も多いと思います。

その参加報告の際に、アンケートに答えると思いますが、なかには「この結婚式場を検討する気はある?」といった内容の質問があったりします。

ハナユメで、あらかじめこういった回答をしておくと、ブライダルフェア後の勧誘を受けることがありません。

ブライダルフェアに行くだけでギフト券などがもらえますし、特典の対象となる件数には限りがありますが、併用もできるので、あらかじめ結婚情報サイトから予約しておくのも一つの手です。

ハナユメはこちらから

事前に別の結婚式場のブライダルフェアに行く予定であること伝える

まずは、他のブライダルフェアに参加していることを伝えることがおすすめです。

次に○○式場の見学を予約している、など具体的に次に参加する予定のブライダルフェアについて事前に伝えておくと、即決しないだろうという思われるので、勧誘はされないことが多いです。

また、実際に検討していたとしても、次の式場で同じぐらいの料金を提示されることをか投げて、さらに割引をしてくれます。

いくつかのメリットがありますので、次に別のブライダルフェアに参加する予定であることをハッキリと最初に伝えましょう。

「気になったから見学しに来ただけ」と伝える

ウェディングプランナーや式場の営業担当者も、成約可能性が高い人ほど、熱心に誘ってきます。

逆にいえば、式場を決める可能性が低い人には、そこまで強引は営業はしてきません。

ブライダルフェアには多数のカップルが訪れますので、成約の可能性が低い人は後回しになります。

「今回は、気になったので、試しに来てみただけです」、「まだ式については未定です」。というニュアンスをはっきりと伝えておくのがベターです。

特に、結婚式と披露宴の時期を決めてないうちは、勧誘しようもありません。

「まだ時期は決めていないけど、とりあえず見に来ました」というコメントが無難です。

「両親の許可が必要」と言う

方法としては、「両親の許可が必要なので、この場で勝手に契約はできない」と言うことです。

両親が結婚式費用を一部援助してくれるから、今日は勝手に契約できませんと伝えておきましょう。

なんて言うと、勧誘がしつこい式場でも、「それなら仕方ない」と引き下がってくれる可能性があります。

もちろん、そう伝えた場合でも成約特典が無効になるということや、この日程は埋まっちゃうかもしれないなどと言われることが多いですが、大体は諦めてくれます。

最初から何時までと決めておく

ブライダルフェアは予約時に所要時間がどれくらいかが記載されています。

2時間なら2時間後に、3時間なら3時間後には、仕事や用事があるので帰らなければいけないと釘をさしておくと帰りやすくなります。

理想は、4時間後ぐらいの予定を伝えるのがベストです。

なぜかというと、早めに切り上げたいと思って、2時間後ぐらいだと説明を優先されて試食などをカットされる恐れがあります。

次のブライダルフェアの予約があるという風に伝えるのもいいですが、その後予定があるということを伝えておきましょう。

ブライダルフェアで不満だった点を伝える

チャペルが不満だったらその場でイメージ通りじゃないと伝えましょう。

設備やサービスなどのどうしようもない点に不満を抱かれると式場としても改善のしようがないので、諦めるでしょう。

もちろん、何かフォローをしようとする可能性もありますが、結婚式で譲れない点が実現できないことを伝えると問題ありません。

迷っている姿勢があると勧誘が続く可能性がありますので、不満も正直に述べましょう。

相談会が始まる前に会場を抜け出す

勧誘されない最大の方法は、「勧誘される場にいないこと」です。

つまり、フェアだけ参加して、相談会が始まる前に、式場から抜け出すことがおすすめです。

ですが、あらかじめ相談会が設定されている場合には、こっそり抜け出すのも難しいです。

式場にも迷惑をかけるかもしれないので、式場側には、途中で抜けることを伝えておくとスムーズです。

当日、区切りのいいところで、「次の予定があって、最後まで参加できなさそう」と伝えたりしましょう。

まとめ

今回は、ブライダルフェアでの勧誘の穏便な断り方や、そもそもでしつこい勧誘を受けないようにする方法をご紹介しました。

人生に一度の結婚式を最高の思い出に変えたい…その第一歩がブライダルフェアです。

ブライダルフェアの申し込みは2分あれば完了します。

最近では、ブライダルフェアに参加したら絶対に申し込まないといけないということはないので、激しい勧誘は少なくなっています。

このため、細かい日程など決まっていなくてもかまいません。

まずは気になった結婚式場のブライダルフェアを体験してみて、結婚式場の雰囲気を楽しんでみてください。

ブライダルフェアの予約ならハナユメ♪

ブライダルフェア参加・相談デスクにご来店など条件クリアで絶対もらえる!

電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンなど、さまざまなイベントを実施中!

直接予約よりも、ハナユメを通したほうが、おトク&うれしい!特典が貰えちゃいます。

試食付きブライダルフェアの予約ならハナユメから検索&予約してみてください♡

ハナユメはこちらから